相続税対策における生命保険 3つの重要ポイント

生命保険は、相続税対策における最も効果的な対策の一つです。
相続テラスでは、これまでに生命保険に関する記事を2つ配信してきました。
今回は、相続税対策における生命保険の重要なポイントをまとめました。

☆☆参考☆☆これまでの生命保険に関する記事はこちら
あなたの保険は使えますか?相続対策に備える賢者のノウハウとは
思わぬ税負担も!?知っておきたい生命保険と税金の関係

続きを読む

相続税対策における生命保険 3つの重要ポイント

詳しく知りたい!特定居住用宅地等

小規模宅地等の特例とは、被相続人等の自宅や事業用の宅地等の評価について、一定の要件のもと大きな減額が認められている制度をいいます。
小規模宅地等の特例において、適用を受けるための要件は、厳格に定められています。
これは、最大80%という減額を認めているためです。
今回は、小規模宅地等の特例における、特定居住用宅地等の要件について詳しく説明します。
特に、わかりにくいといわれる、「家なき子」の範囲についても理解を深めましょう。

☆☆参考☆☆小規模宅地等の特例全般に関する記事はこちら
◆これを使わない手はない!小規模宅地等の特例
◆税制改正の内容を事例で確認!小規模宅地等の特例における家なき子

 

続きを読む

詳しく知りたい!特定居住用宅地等

相続人の中に未成年者がいる場合の3つのポイント

相続人の中に未成年者がいる場合、相続手続きにどのように影響してくるのでしょう。
ところで、未成年者は、法定相続人になるのでしょうか?
相続において、被相続人との関係において法定相続人に該当する場合は、法定相続人の年齢にかかわらず、全員法定相続人になります。
今回は、法定相続人の中に未成年者がいる場合について、詳しく見ていきましょう。

☆☆参考☆☆遺産分割協議に関する記事はこちら
◆遺産分割協議について知っておきたい4つのポイント

続きを読む

相続人の中に未成年者がいる場合の3つのポイント

相続人が誰もいない場合の相続手続き3つのポイント

厚生労働省の調査によると、600万人ちかい高齢者がひとり暮らしをしています。
10年前と比較すると1.5倍に増加しているとみられます。
また、高齢者の未婚率、離別率も上昇傾向となっています。
調査結果を受けて厚生労働省は、「今後も高齢世帯や独居世帯の増加は続くだろう」と分析しています。

もし相続が発生して、相続人が誰もいない場合、被相続人が残した財産はどうなるのでしょうか?
今回は、相続人が誰もいない場合の相続手続きについて見ていきましょう。

続きを読む

相続人が誰もいない場合の相続手続き3つのポイント

相続税対策として活用する「固定資産の交換の特例」

相続財産のうち不動産が占める割合は年々減少傾向にあるといわれていますが、約半分を占めているのが現状です。
したがって、相続において、所有不動産に対する対策を検討することは、重要です。
今回は、「固定資産の交換の特例」とその活用事例を見ていきましょう。

続きを読む

相続税対策として活用する「固定資産の交換の特例」

現在の医療法人制度を理解する3つのポイント

医療法人とは、病院、医師もしくは歯科医師が常時勤務する診療所、または、介護老人保健施設を開設することを目的として、医療法の規定に基づいて設立される法人です。
もともと一般の法人と共通する部分と異なる部分がありますが、平成19年4月の第5次医療法改正により、医療法人制度は大きく変わりました。

今回は、医療法人の種類と医療法改正により変更となった現在の状況について、見ていきましょう。

続きを読む

現在の医療法人制度を理解する3つのポイント

共通点と相違点から学ぶ!遺贈と死因贈与

被相続人の財産を引き継ぐ方法は、相続以外に、「遺贈」と「死因贈与」という2つの方法があります。
今回は、「遺贈」と「死因贈与」のそれぞれの特徴と共通点・相違点について、詳しく見ていきましょう。

☆☆参考☆☆遺言に関する記事はこちら
今さら聞けない、遺言を準備する前に知っておきたいルールとは
遺言書を発見したら…!遺言書の検認 4つのポイント
「公正証書遺言」年間10万件超え 関心高まる遺言執行者とは?

続きを読む

共通点と相違点から学ぶ!遺贈と死因贈与

遺産分割協議について知っておきたい4つのポイント

相続手続きにおいて、遺産分割協議は非常に重要です。
ご家族が納得して、安心できる未来を築くためにも、普段からの相続人同士のコミュニケーションが重要になります。
今回は遺産分割協議の基本的な知識とルールについて、詳しく見ていきましょう。

☆☆参考☆☆遺産分割の方法に関する記事はこちら
遺産をどうやって分ける?遺産分割の4つの方法

続きを読む

遺産分割協議について知っておきたい4つのポイント

行方不明の相続人がいる場合の遺産分割のすすめかた

被相続人の遺産を分割するためには、相続人全員で遺産分割協議を行う必要があります。
もし、行方不明で連絡先もわからないというような相続人がいる場合、その相続人を除いて、遺産分割協議をすることはできません。
遺産分割協議がまとまったとしても、その遺産分割協議は無効となります。
では、行方や生死がわからない相続人がいる場合、どのように遺産分割手続きを進めたら良いのでしょうか?
今回は、行方や生死が不明な相続人がいる場合の遺産分割手続きについて、見ていきましょう。

続きを読む

行方不明の相続人がいる場合の遺産分割のすすめかた

遺言書における6つのルール

相続に関するご質問で、特に多いのが『遺言』に関する内容です。
そこで今回は、改めて『遺言』を整理してみました。

亡くなった後に、遺産をどのように分け与えるか、その意思表示を形にしたものが遺言書です。
遺言書には、民法において様々なルールが定められています。
今回は、遺言書におけるルールについて、詳しく見ていきましょう。
※平成30年の民法改正で、自筆証書遺言の方式緩和と自筆証書遺言の保管制度が創設されましたので、追記しております。

☆☆参考☆☆遺言に関する他の記事はこちらから
今さら聞けない、遺言を準備する前に知っておきたいルールとは
「公正証書遺言」年間10万件超え 関心高まる遺言執行者とは?

続きを読む

遺言書における6つのルール